だいたい笑える

つれづれなるままに、日くらし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくる

炎熱商人が面白かった!

スポンサーリンク

夫の積読だった炎熱商人を読み出したら面白くて資格講座の宿題やらずに熱中してました。

フィリピンで木材のトレードやってる商社の方達のお話です。

出てくる主人公の敬愛の対象となる人たちがとても素敵なんです。私も作中に出てくる大尉や支店長みたいに暖かい人間になりたいし、夫にもあんな風になってほしいなぁ、と思います。

人種や置かれている立場が違っても、相手に敬意と信頼を持って接することができるだろうか?

理想とはいえ、なかなか厳しい話だと思います。

特に、私自身、割と猜疑心がつよく、弱者切り捨て的な考えが強いタイプなので反省しきりです。

 

フィリピンに行ってみたくなりましま。

明日は5回めくらいになるツヴァイクのマリーアントワネットを読むつもりです。